N3(文法分析)

N3文法解説「~ほど…(は)ない」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~ほど…(は)ない」の説明です。

 

用法

接続

N+ほど…(は)ない *辞書形+こと+ほど…(は)ない

たのすけ
たのすけ
名詞を使うことが多いですが、動詞も使えます。

 

意味

  • いちばん~だ。
たのすけ
たのすけ
強調したいとき、最高レベル!と言いたいときに使います。

 

例文

  • ナルトほどおもしろいアニメはない
  • タイ語ほど文字が難しい言葉はない
  • 日本料理で刺身ほどおいしい食べ物はない
  • 日本ほど安全な国はない
  • ジョニー・デップほどハンサムな人はいない
  • 飛行機に乗ることほどわくわくすることはない
  • 休みの日は寝ることほど幸せなことはない

 

注意事項

  1. 話者の主観的な評価を言う時に使う。
  2. 客観的なことを言う時には使えない。そのときは「~で…が一番~だ」を使う。(例)クラスで田中さんほど背が高い人はいない。✕ ←田中さんが背が高いのは誰でもわかる客観的なことなので、「クラスで田中さんが一番背が高い」と言うのがよい。
  3. 「ほど」は「ぐらい/くらい」に置き換えも可能。(例)ナルトぐらいおもしろいアニメはない

 

類似文型との違い

~で…が一番~だ

  • 客観的なことを言う時には使えない。⇒注意事項②

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ほど…(は)ない)は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。