日本語教師のこと

日本語教師の収入|日本語教師の給料で生活できる?リアルを公開します

Pocket

「日本語教師はやりがいはあるけど、安月給らしい。生活できるの?」

「実際の日本語教師の収入はいくらぐらい?」

日本語教師になりたいけど、収入面で心配していませんか?

 

たのすけ
たのすけ
この記事を書いているは、元日本語教師のたのすけ(@t_tanosuke)です。6年間専任として働いていました。

 

本記事を読めば、以下の疑問が解決します。

  • 日本語教師の収入はどのぐらい?年収は?
  • 日本語教師の収入だけで生活できる?
  • 日本語教師の給料は上がるの?
  • 日本語教師の給料を上げるために、できることはある?

 

世間一般では、「日本語教師=給料が低い」イメージがありますが、実際はどうなんでしょうか?

「日本語教師の収入について知りたい」なら、ぜひこの記事を読んでみてください。

リアルな日本語教師の収入を公開しています。

 

日本語教師の収入

日本語教師の給料は、専任講師か非常勤講師かで異なる

「どっち?」という日本語教師

日本語教師には専任講師と非常勤講師があります。

一般の会社で例えると、専任講師は正社員で、非常勤講師はパート・アルバイトのようなものです。

つまり、専任講師か非常勤講師かによっても給料は変わってきます。

専任講師と非常勤講師の違いについては「日本語教師の「常勤」と「非常勤」の違い|メリット・デメリットを紹介!」で詳しく解説しています。

 

日本語教師は、最初から専任講師として働ける人はあまりいません。

非常勤講師からスタートして、専任講師になる人がほとんどなので、そこも踏まえて日本語教師の給料をみてみてください。

 

では、日本語教師の給料を見ていきましょう。

 

実際の日本語教師の給料はいくら?

実際、日本語教師の給料はいくらでしょうか。

求人サイトを見ると、これぐらいが多いです。

  • 教務主任:25万~
  • 専任講師:18~22万円
  • 非常勤講師:1,500~1,800円/時給(東京などは時給2,000円ぐらいの求人もあります)

非常勤講師の場合は、「時給換算」なのか「コマ換算」なのかで金額が変わってきますので、求人を探すときは条件をよく確認してくださいね!

 

専任講師の日本語教師の年収はいくら?

専任講師の日本語教師の年収は、毎月の給料にボーナスを足して、平均年収は250~400万円ぐらいです。大体300~350万円前後が多いようです。

ボーナスの有無や各種手当は日本語学校によって違います。これは日本語業界だけでなくて、どの業界でも同じですよね。

ただし、ボーナスがない日本語学校も多いです。

 

日本語教師だけの給料で生活できるの?

収入と支出

専任の日本語教師なら、普通に生活できます!

専任の場合、毎月もらえる給料はOLと同じぐらいなので、贅沢をしなければ生活はしていけます。

上にも書いてありますが、専任講師の給料は毎月20万前後です。

 

私自身は専任講師として働いていたときは、一人暮らしをしていました。

高い買い物をしたりはしませんでしたが、普通に暮らしていくうえで、お金に困ったことはありません。

毎月少額ながら貯金もしていました。

 

非常勤の日本語教師なら、アルバイトの掛け持ちも検討に入れよう!

非常勤講師の給料は、受け持つ授業のコマ数によります。

毎月の給料は7~12万ぐらいです。(時給1,500¥で計算しています)

1,500円×4コマ×3日×4週=72,000円
1,500円×4コマ×5日×4週=120,000円

 

非常勤講師の場合は、学期休みは授業がありません。その間は収入が0円になります。

また、学期によって受け持つコマ数が変わります。理由は、留学生の入学や卒業、期末試験結果によってクラス数が変わるからです。

 

収入が0円の時期もありますし、安定はしていないので、非常勤講師の方はアルバイトを掛け持ちしている人が多いです。

今まで出会った非常勤講師の方は、派遣事務や花屋、飲食店、スターバックスなどで掛け持ちして働いていました。

 

主婦で不要範囲内で働きたいなら、非常勤講師がおすすめです。

詳しくは、「主婦は非常勤の日本語教師が働きやすい|メリット・デメリットを6つ解説」で解説しています。

 

日本語教師の給料の決め方・手当について

積みあがっていくコイン

日本語教師は専門職なので、その人の経験・スキルによっても給料は違ってきます。

非常勤講師の場合、手当があります。ごく一部ですが紹介しまね。

  • クラス担任手当
  • 課外活動手当
  • テスト作成手当 etc…

なかなか給料が上がらないのが現実ですが、日本語教師としてのスキルアップをしていけば、給料は上がっていきます。

 

現に私は、毎年給料を上げてもらっていました。

でも、民間企業みたいに毎年確実な昇給を期待しないほうがいいです。給料が上がるといっても微々たるものですから・・・

人気予備校講師の〇〇先生みたいにお給料が〇千万円もらえるようになることはありません。

 

日本語教師の収入を増やすためには?

ステップアップしている人

日本語教師として収入を増やすためには、自分のスキルを上げることが一番です。

あなたにしかできないスキルを磨きましょう。

日本語教師ですから、「あなたに教われば日本語力が絶対伸びる!」となれば、それはあなたにしかない強みになります。

 

非常勤講師なら、専任講師を目指しましょう。

アルバイトを掛け持ちするのもいいですが、今はオンラインの日本語教師の求人もたくさんあります。

オンラインだと日本語学校とは教え方が異る場合もありますが、あたなの日本語教師の経験やスキルを上げるのに役立ちますよ。

 

オンラインの日本語教師の求人を探すなら、「【2021年】日本語教師のオンライン求人のまとめ」で探してみてください。

 

【まとめ】日本語教師の収入は高くないけど、やりがいのある仕事!

goodの手

日本語教師は給料の面だけで見ると、給料が高いとは決して言えません。

最初は非常勤講師の期間が2・3年ぐらいあるので、お金の面で日本語教師を辞めてしまう人もいるのが現実です。

【参考】日本語教師をやめたほうがいい?その悩みに本気でアドバイスします!

 

贅沢をしたい!たくさん収入を得たい!と思っている人は日本語教師に向いていません。

でも、やりがいがあることは保証します!

”やりがい”があるから日本語教師を選んだという人は、最初の2・3年は生活が苦しくても絶対に辞めないでください。

必ずその先に、素晴らしい体験が待っているはずです。

【参考】日本語教師のやりがい5選|私が日本語教師を続ける理由!

 

”やりがい”を求めて、日本語教師にチャンレジしたいと思った方は「日本語教師になる3つの方法|養成講座と検定合格のどちらがおすすめ?」を読んでみてくださいね。

 

日本語教師のまとめ記事はこちら>>日本語教師のまとめ記事

 

以上、たのすけでした。

 

↓ブログランキングに登録しています。よかったらポチお願いします!

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。