N3(文法分析)

【N3文法解説】~にとって|用法・例文

たのすけ
たのすけ
N3文法「~にとって」の解説です。

 

用法

接続

N+にとって

たのすけ
たのすけ
Nには人や組織を表す言葉がきます。

 

意味

  • ~の立場・視点からいうと。

 

例文

  • にとって、家族が一番大切だ
  • にとって、彼女との問題はとても重大だ
  • 外国人にとって、漢字を覚えるのは大変だ
  • 留学生にとって、アルバイトより勉強のほうが大切だ
  • パワーポイントで資料を作るのは田中さんにとっては簡単でも、にとっては難しい
たのすけ
たのすけ
青いマーカ―に注目!どんな言葉がくるかは注意事項を見てください。

 

注意事項

  • 件にくる言葉は、評価を表す言葉(大切、重大、貴重、難しい、簡単、大変など)、可能や不可能表現(可能、不可能、無理)がくる。

 

類似文型

~として

  • 意味は「~の立場/観点/資格で~をする」。(例)教師として働いている。

【参考】~として

 

~対して

  • 意味は「~に(対象)」(例)お客様に対して丁寧な言葉を使う。

【参考】~に対して(用法②)

 

以上、たのすけでした。

日本語教師向けのまとめ記事一覧

日本語教師のまとめ記事はこちら

日本語教師になりたい方向けのまとめ記事
授業のやり方や教え方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事
【完全保存版】日本語授業のやり方や教え方がわかるまとめ記事
働き方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら