N3(文法分析)

【N3文法解説】~につれて|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~につれて」の説明です。

 

用法

接続

N+につれて
V辞書形+につれて

たのすけ
たのすけ
変化を表す名詞や動詞を使います。

 

意味

  • ~が変わると、…も変わる

 

例文

  • 歳をとるにつれて、目が悪くなった。
  • 娘は大きくなるにつれて、きれいになった。
  • 時間が経つにつれて、日本の生活に慣れてきた。
  • 大人になるにつれて、父と話す機会が少なくなった。
  • 台風が近づくにつれて、雨や風が強くなった。
  • 勉強が進むにつれて、言葉も文法も難しくなる。

 

注意事項

  • 「~につれ」という言い方もある。「~につれ」は書き言葉で、「~につれて」は話し言葉。

 

類似文型との違い

~にともなって

  • 意味は「~が変化すると、…も変化する」(例)人口増加にともなって、環境問題が増えていった。

【参考】~にともなって(用法①)

 

~とともに

  • 意味は「~が変化すると、…も変化する」(例)車の増加とともに、事故が多くなった。

【参考】~とともに(用法③)

 

~にしたがって

  • 意味は「~が変化すると、…も変化する」(例)電化製品の普及にしたがって、家事が楽になった。

【参考】~にしたがって

 

たのすけ
たのすけ
では!「~につれて」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。