できる日本語

【教案】できる日本語|初中級L13(ST1)

Pocket

たのすけ
たのすけ
できる日本語の初中級L13(ST1)の教案です。L13(ST2)はこちらです。
教案の見方

N:名詞、V:動詞、イA:い形容詞、ナA:な形容詞
青枠:板書
赤枠:注意・ポイント

【概要】できる日本語 初中級L13(ST1)

Can-do

Can-do
テレビや街中で気になることを見かけたとき、それについて意見を言ったり、それに関する自分の経験を話したりすることができる。
ST1 自分の子どものころの経験を交えながら、簡単に意見を言うことができる。

 

学習項目

学習項目
ST1 使役動詞
Vのを見ました
Vていました(過去の習慣)

 

【教案】できる日本語初中級 L13(ST1)

話してみよう

絵を見ながら、TからSに質問する。以下、質問例。

(上)

  • 何をしていますか。
  • 子どものとき、習い事をしましたか。
  • 子どものとき、何を習いたかったですか。
  • 今、習いたいことはありますか。

(左)

  • これは何ですか。
  • 野菜は好きですか。
  • 子どものころ、食べられない野菜、嫌いな野菜があったとき、お母さんはどうしましたか。

(右)

  • 小学生のころ、どんな子どもでしたか。
  • よくした遊びは何ですか。
  • 家の手伝いをよくしましたか。何をしましたか。
  • 子どものころ、両親は厳しかったですか。

 

聞いてみよう

CDを聞く。(CD:C28)

 

【教案】できる日本語初中級 L13(ST1)

Can-doの確認

自分の子どものころの経験を交えながら、簡単に意見を言うことができる。

 

状況イラストの確認

  • ここはどこですか。
  • この人たちは誰ですか。何をしていますか。
  • 子どものころ、塾へ行きましたか。

 

【チャレンジ1】使役動詞

チャレンジの絵・導入

(1枚目のイラストを指して)

T:マルコさんがパクさんに言いました。「人がたくさん集まっていますね」そのあと、パクさんは何を言いますか?
S:あそこは塾です。お母さんとお父さんは子どもを待っています。

(2枚目のイラストを指して)

T:子どもですね。パクさんは子どもを見て、何と言いましたか?
S:子どもたちが出てきました。
T:そうですね。子どもたちが出てきましたね。

(3枚目のイラストを指して)

T:マルコさんは言います。親…?子ども…遊ぶ?
S:私が親なら、子どもは遊びます。走ります。
T:パクさんはどうですか?
S:将来のために、子どもは塾へ行きます。
T:親は子どもに何と言いますか?
S1:塾へ行け。
S2:勉強しろ。
T:はい、それではCDを聞きましょう。

(CDを聞く)

T:ここは塾で、親が子どもを待っていますね。3枚目のイラストでマルコさんは何と言いましたか?私が親だったら?
S:私が親だったら、小さいときはもっと子どもを遊ばせるけど・・・
T:そうですね。パクさんは何と言いましたか?
S:あの子の将来のために、いろいろ習わせているんだと思うよ
T:はい、いいですね。

(板書して、リピート)

  • 子どもを遊ばせるけど…。
  • いろいろ習わせているんだと思うよ。

T:「遊ばせる」「習わせる」は使役動詞です。今日は使役を勉強します。では、使役動詞の作り方を勉強しましょう。

使役動詞の作り方

(Ⅱグループから順番に使役詞の作り方をする)

Ⅱグループ(eます⇒eさせます)
覚えます⇒覚えさせます
調べます⇒調べさせます

Ⅲグループ
します⇒させます
来ます⇒来させます

Ⅰグループ(iます⇒aせます)
行きます⇒行かせます
持ちます⇒持たせます
遊びます⇒遊ばせます

(FCで練習する)
*使役動詞のFCはこちら⇒【教材無料ダウンロード】使役動詞FC

T:使役動詞はすべてⅡグループです。

 

導入①(強制・自動詞の使役)

T:この絵を見てください。部長です。田中さんです。

部長は田中さんを出張させます

T:田中さんはどこへ行きますか?
S:アメリカ?
T:どうしてアメリカへ行きますか?
S:たぶん、出張です。
T:どうして田中さんはアメリカに出張しますか?
S:部長が田中さんに「アメリカに出張してください」と言ったからです。
T:そうです。部長は田中さんに「アメリカに出張してください」と言いました。だから、田中さんは出張します。部長は田中さんを出張させます

T:田中さんの気持ちはどうですか?
S:嬉しいです。
S:嫌です。
T:田中さんは嬉しいかもしれません、嫌かもしれません。もし嫌でも、部長が言ったので、出張しなければなりません。

T:この絵を見てください。

先生は学生を立たせます

T:今、授業をしています。あれ、学生は今・・・どうですか?
S:寝ています。
T:そうですね。授業中なのに、寝ています。先生は・・・?
S:怒っています。
T:そうです。先生は怒っています。ですから、先生は学生に「立ってください」と言いました。先生は学生を立たせます。学生は立たなければなりません。

(板書して、リピート)

  • 部長は田中さん出張させます
  • 先生は学生立たせます

★<人>自動詞の使役動詞

T:「出張させます」「立たせます」は、さっき勉強しましたね。何動詞ですか?
S:使役動詞です。
T:そうです。使役動詞を使うとき、使役と言います。「部長は田中さんを出張させます」は、誰が出張しますか?
S:田中さんです。
T:「先生は学生を立たせます」は、誰が立ちますか?
S:学生です。
T:田中さんと学生の気持ちはどうですか?
S:嫌です。
T:そうです。使役のとき、する人は「を」の人ですね。する人は嫌な気持ちがあります。「出張します」「立ちます」は自動詞なので、助詞は「を」を使います。

  • 使役は、主語が人に何かをさせることを表す。
  • 使役には意味が「強制」と「許容」の2つある。さらに、自動詞の使役と他動詞の使役がある。
  • ここでは、強制の自動詞の使役。
  • 行為をする人は「を」で表す。
  • 学習者にとって、使役表現は誰がその行為をさせ、誰がその行為をするのかが難しい。

 

導入②(強制・他動詞の使役)

T:この絵を見てください。

yasaiwotabesasemasu

T:子供は何をしていますか?
S:食事しています。
T:そうですね。お母さんは子供に何か言います。何を言うと思いますか?
S:野菜を食べてください。
T:子供は野菜が好きですか?
S:たぶん、好きじゃありません。
T:そうですね。子供は野菜が嫌いです。でも、お母さんは子供に「野菜を食べてください」と言います。お母さんは子供に野菜を食べさせます。「食べさせます」は何動詞ですか?

S:使役動詞です。
T:子供の気持ちはどうですか?
S:嫌です。
T:そうですね。野菜が好きじゃありませんから、嫌な気持ちです。

T:今何をしていますか?

kanjiwooboesasemasu

S:漢字を勉強しています。
T:そうですね。漢字を勉強しています。漢字・・・難しいですよね。漢字を覚えるのは大変です。
でも、先生は学生に「漢字を覚えてください」と言います。学生は覚えなければなりません。では、使役動詞を使って言ってみましょう。先生は・・・
S:先生は学生を?に?漢字を覚えさせます。
T:先生は学生に漢字を覚えさせます

(板書、リピート)

  • お母さんは子供野菜食べさせます
  • 先生は学生漢字覚えさせます

★<人>・・・他動詞の使役動詞

T:さっきは自動詞の使役を勉強しました。「食べる」「覚える」は他動詞です。他動詞のとき、する人は「に」です。

  • 強制・他動詞の使役。
  • 行為をする人は「に」で表す。(自動詞は「を」を使うので、使い分けが難しい場合は、一つの文で「を」は2回使わないと伝える)

練習

①絵カード練習

②別冊:言ってみよう P48(1)練習2・練習3

 

導入③(許容・自動詞の使役)

T:授業中にトイレへ行きたいとき、どうしますか?
S:先生に聞きます。
T:何と聞きますか?
S:トイレへ行ってもいいですか?
T:そうですね。先生は、「いいですよ」と言います。学生はトイレへ行けますね。先生は学生をトイレへ行かせます

先生は学生をトイレへ行かせます

T:このとき、学生はどんな気持ちですか?
S:嬉しい気持ちです。
T:そうですね。「行かせます」は使役ですが、学生に嫌な気持ちはありません。使役には、嫌な気持ちと、もう一つ「いいですよ」の意味があります。

T:絵を見てください。子供はお父さんにお願いをしています。何をお願いしていますか?

お父さんは子供をアメリカへ留学させます

S:アメリカ…アメリカに留学したいです。
T:お父さんは、何と言いますか?
S:いいですよ。
T:お父さんが「いいですよ」と言ったので、子供はアメリカに留学します。では、使役を使って言いましょう。お父さんは・・・
S:お父さんは子供をアメリカに留学させます

(板書して、リピート)

  • 先生は学生トイレへ行かせます
  • お父さんは子供アメリカに留学させます

★<人>他動詞の使役動詞

T:この時は、嫌な気持ちはありません。学生はお腹が痛いので、トイレへ行きたいです。先生が「いいですよ」と言ったので、トイレへ行けます。子供はアメリカに留学したいです。お父さんが「いいですよ」と言ったので、アメリカに留学できます。

T:「行きます」「留学します」は自動詞です。自動詞なので、「人を」になります。

  • 許容・自動詞の使役。
  • 行為をする人は「を」で表わす。

 

導入④(許容・他動詞の使役)

T:Sさんは学生のとき、アルバイトをしたことがありますか?
S:はい、あります。
T:何をしましたか?
S:レストランで料理を作りました。
T:おお~、そうですか。その時、親にアルバイトをしたいと言いましたか?
S:はい、言いました。親は「いいですよ。頑張って」と言いました。
T:そうですか。では、使役で言います。親は私にアルバイトをさせましたこれは、嫌な気持ちじゃない使役ですね。

T:この絵を見てください。子供はお父さんに何をお願いしていますか?

お父さんは子供にピアノを習わせます

S:ピアノを習ってもいいですか?
T:そうですね。お父さんは「いいですよ」と言いました。では、使役にしてみましょう。お父さんは・・・
S:お父さんは子供を?に?ピアノを習わせます。
T:「習います」は他動詞です。他動詞のときは?を?に?
S:に
T:では、もう一度言ってください。
S:お父さんは子供にピアノを習わせます

(板書して、リピート)

  • 親は私アルバイトをさせました
  • お父さんは子供ピアノを習わせます

★<人>・・・他動詞の使役動詞

T:この使役も、嫌な気持ちはありません。「する」「習う」は他動詞なので、「人に」になります。親が「いいですよ」と言ったので、Sさんはアルバイトをしました。お父さんが「いいですよ」と言ったので、子供はピアノを習います。

  • 許容・他動詞の使役。
  • 行為をする人は「に」で表す。(自動詞は「を」を使うので、使い分けが難しい場合は、一つの文で「を」は2回使わないと伝える)

練習

①絵カード練習

②別冊:言ってみよう P49(1)練習4・練習5

③本冊:言ってみよう P184(1)

 

【チャレンジ2】Vのを見ました

チャレンジの絵・導入

(上のイラストを指して)

T:パクさんとマルコさんが何かを見て話しています。パクさんはマルコさんに何を言いますか?
S:子供たちが遊んでいるよ。

(下のイラストを指して)

T:マルコさんがパクさんに話します。この間・・・
S:この間、公園で子供たちが野球をしました。見ました。
T:では、CDを聞きましょう。

(CDを聞く)

T:マルコさんはこの間は、何を見たと言いましたか?
S:この間は、公園で子供たちが野球をやっているのを見たよ
T:はい、そうですね。

(板書して、リピート)

  • 子どもたちが野球をやっているのを見たよ。

T:次は「~のを見ました」を勉強します。

導入

(学生の例があれば学生の話で導入)

T:この間、王さんがコンビニへ行きます。見ました。王さんがコンビニへ行くのを見ました

王さんがコンビニへ行くのを見ました

T:キムさんは、昨日アルバイトがありましたか?
S:はい、ありました。
T:先生は、知っています。キムさんがアルバイトをしていました。先生は見ました。キムさんがアルバイトをしているのを見ました

キムさんがアルバイトをしているのを見ました

T:さっき、誰かが荷物を置きました。見ました。誰かが荷物を置いたのを見ました

誰かが荷物を置いたのを見ました

(板書して、リピート)

  • 田中さんコンビニへ行くのを見ました
  • 王さんアルバイトをしているのを見ました
  • 誰かにもつを置いたのを見ました

★Vじしょ形/Vている形/Vタ形+のを見ました

T:「~のを見ました」は、前、見たことを言うときに使います。動詞は、辞書形・ている形・タ形を使います。「人は」じゃなくて、「人が」になります。

練習

①変換練習(例)

T:図書館で勉強しています S:図書館で勉強しているのを見ました
T:子供が電車に乗ります S:子供が電車に乗るのを見ました

②作文練習(例)

・友達が_______のを見ました。
・__さんが_______のを見ました。

③別冊:言ってみよう P49(2)

④本冊:言ってみよう P184(2)

 

【チャレンジ3】Vていました(過去の習慣)

チャレンジの絵・導入

(上のイラストを指して)

T:マルコさんは自分が子供のころを思い出しています。マルコさんは子供のころ、よく何をしましたか?
S:サッカーをしました。

(下のイラストを指して)

T:マルコさんは何が大切?
S:勉強です。
T:でも・・・?
S:遊びます、もっと大切です。
T:では、CDを聞きましょう。

(CDを聞く)

T:マルコさんは子供のころ、何と言っていましたか?
S:子供のころは、よくサッカーをして遊んでいたよ
T:いいですね。

(板書して、リピート)

  • 子どものころは、よくサッカーをして遊んでいたよ。

T:「~ていました」は、子供のとき、学生のとき、前の習慣を言うときに使います。

導入

T:Sさんは、子供のころ、よく何をしましたか?
S:テレビを見ました。
T:では、「~ていました」を使って言うと?
S:テレビを見ていました。
T:そうです。Sさんは子供のころ、よくテレビを見ていました。

T:私は高校生のころ、スーパーでアルバイトをしていました。Sさんは高校生のころ、アルバイトをしていましたか?
S:いいえ、しませんでした。
T:そうですか。高校生のころ、アルバイトをしていませんでした。

(板書して、リピート)

  • 子どものころ、よくテレビを見ていました
  • 高校生のころ、アルバイトをしていませんでした

★Vテ形+いました

  • 「~ていました」は、過去の習慣を表す。

練習

①QA練習(例)

・子供/中学生/高校生/大学生のころ、何をしていましたか?何をしていませんでしたか?

②別冊:言ってみよう P50(3)

③本冊:言ってみよう P181(3)

 

やってみよう

①CDを聞いて、答える。

②イラストを見て、ペアやグループで話をする。

 

以上、たのすけでした。

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事