N2(文法分析)

【N2文法解説】~抜く|例文・用法

たのすけ
たのすけ
N2文法「~抜く」の説明です。

 

用法

接続

Vます形+抜く

 

意味

  • 最後までずっと~する。
  • 徹底的~する。
たのすけ
たのすけ
最後までその状態を続けたり、物事が中途半端ではなく、徹底している様子を表します。

 

例文

  • 大変だったけど、42.195キロを走り抜いた
  • ちょっと辛くても、最後までやり抜きます
  • 明日勝てば優勝だ。最後まで頑張り抜こう
  • 木村選手はケガをしていても最後まで戦い抜いた
  • 祖父から続く会社を守り抜くつもりだ。
  • この会社で生き抜くために、頑張ります!
  • 寒い冬を耐え抜いて、春に小さい花が咲いた。
  • 一晩中考え抜いた末、彼とは別れることにした。
  • 子供のいいところも悪いとことも知り抜いている。
  • 困り抜いて、親友に相談した。

 

注意事項

  • 困難なことを乗り越えたときに使うことが多い

 

類似文型との違い

~通す

  • 意味は「最後まで~する/ずっと~する」(例)嘘をつき通すのは難しい。
  • 「~通す」は最初から最後まで続けたことに焦点が置かれるが、「~抜く」は頑張って・苦労してしたことに焦点が置かれる。(例1)42.195キロを走り通した。(←最後まで走ったことに焦点が置かれる) (例2)42.195キロを走り抜いた。(←頑張って走ったことに焦点が置かれる)

【参考】~通す

 

~きる

  • 意味は「全部~する/最後まで~する/完全に~する」(例)ラーメンを3杯も食べきった
  • 当たり前のことには使えない。
  • 「~きる」はすべて完了した意味だが、「~抜く」は、困難なことを努力で抜け出した意味になる。(例1)500ページもある小説を読み(〇きった ×抜いた)。

【参考】~きる

 

~ぬきで

  • 形は似ているが意味は全然違う。「~ぬきで」は、普通はあるものや含まれるものがないときに使う。(例)今日は時間がなかったので、朝食抜きで学校へ行った。

【参考】~ぬきで

 

 

以上、たのすけでした。

日本語教師向けのまとめ記事一覧

日本語教師のまとめ記事はこちら

日本語教師になりたい方向けのまとめ記事
授業のやり方や教え方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事
【完全保存版】日本語授業のやり方や教え方がわかるまとめ記事
働き方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら