N3(文法分析)

N3文法解説「~ぬきで」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~ぬきで」の説明です。

 

用法

接続

N+ぬきで

 

意味

  • 普通はあるものや含まれるものがないときに使う。
たのすけ
たのすけ
「普通はあるもの」「普通は含まれるもの」は「本来あるべきもの」のことです。

 

例文

  • 今日は時間がなかったので、朝食ぬきで学校へ来た。
  • ダイエット中なので、アルコールぬきで飲む。
  • 今日は部長ぬきで飲みに行こう。
  • 韓国人はキムチぬきでご飯を食べない。
  • ワサビぬきで寿司を食べる。

 

類似文型との違い

~なしで…

  • 「~ぬきで」との違いは、「~ぬきで」は本来あるものがないときに使う。「~なしで」は普通は必要なものがないときに使う。(例1)ワサビ(〇ぬきで 〇なしで)寿司を食べる。 (例2)日本語の新聞は辞書(✕ぬきで 〇なしで)読めない。←日本語の辞書を読むときに、本来辞書は使わないので、「ぬきで」を使うのは違和感。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ぬきで」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。