N2(文法分析)

N2文法解説「~に先立って」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~に先立って」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形(の)/N+に先立って

たのすけ
たのすけ
名詞は「Nする」になる名詞を使います。

 

意味

  • ~する前に。~の前に。

 

例文

  • 日本に留学するに先立って、日本語の勉強を始めました。
  • 結婚式をするに先立って、ウェディングドレスを選びました。
  • CDが発売されるに先立って、公式サイトで曲がダウンロードできます。
  • 大学の入学に先立って、オリエンテーションがあります。
  • オリンピックの開会に先立ちまして、注意事項を申し上げます。
  • 国際試合に先立って、国家を歌います。
  • 9月5日のグランドオープンに先立って、プレオープンが9月1日に行われます。

 

注意事項

  1. 儀式や行事など、フォーマルな場面で使われることが多い。
  2. 「~に先立ちまして」は、より改まった言い方。
  3. 順序関係がはっきりしている。

 

類似文型との違い

~にあたって/~にあたり

  • 意味は「~する前に」
  • 「~に先立って」は順序に焦点が置かれるが、「~にあたって」は状況に焦点が置かれる。(例2)国際試合(〇に先立って ✕にあたり)国家を歌います。←「~に先立って」を使ったほうが、順序がより強調されるよい。

【参考】~にあたって/~にあたり

 

~に際して

  • 意味は「~する前に」
  • 「~に際して」は直前にするときに使うが、「~に先立って」は、前もって必要だからするときに使う。(例)今から利用する(〇に際して ✕に先立って)、この説明書を読んでください。←直前のことなので、「~に先立って」は違和感。

【参考】~に際して

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~に先立って」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。