N2(文法分析)

N2文法解説「~てでも」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~てでも」の説明です。

 

用法

接続

Vて形+でも

 

意味

  • 普通はしないような手段を使う覚悟で、〇〇する。
たのすけ
たのすけ
実現するために、「極端な手段を用いるのもためらわない」という強い気持ちを表します。

 

例文

  • 100万円払ってでも、好きな俳優とデートしたい。
  • 仕事を休んででも、嵐のコンサートに行きたい。
  • 熱があるが、無理してでも試合に出たい。
  • 予定をキャンセルしてでもパーティーに行く。
  • 何としてでも彼と付き合いたい。
  • 仕事を休むわけにはいかない。這ってでも仕事へ行く。
たのすけ
たのすけ
「無理してでも」「何としてでも」でよく使います。

 

注意事項

  1. 極端な手段を表す動詞につく。
  2. 後には、話者の希望や意向を表す文が来る。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~てでも」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。