N2(文法分析)

【N2文法解説】~ものなら|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものなら」の説明です。

 

用法

接続

V辞書形+ものなら

 

意味

  • もし~できるなら、…したい/してほしい
たのすけ
たのすけ
無理そうなことを仮定していう言い方です。

 

例文

  • 20年前に戻れるものなら、戻りたい。
  • 休めるものなら、仕事を休みたい。
  • 国へ帰れるものなら帰りたいが、チケットが高いので無理だ。
  • できるものなら、仕事をやめて世界を旅行したい。
  • 願いが叶うものなら、あの彼と結婚したい。
  • できるものなら、会いに来てほしい。

 

注意事項

  1. 同じ動詞を繰り返す場合は、できないことを強調する。
  2. 前の動詞は、可能動詞を使う。
  3. 後件には、話者の希望や期待を表す文が来る。
  4. 相手を刺激する言い方もある。 (例)やれるものなら、やってみろ。

 

類似文型との違い

~ようものなら

  • 意味は「もし~したら、大変なことになる」(例)父は厳しいので、夜遅く帰ろうものなら、怒られる。

【参考】~ようものなら

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ものなら」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。