N2(文法分析)

【N2文法解説】~としたら/とすれば/とすると/~となったら/となれば/となると|用法・例文

たのすけ
たのすけ
N2文法「~としたら/とすれば/とすると/~となったら/となれば/となると」の説明です。

 

用法

接続

普通形+としたら/とすれば/とすると
普通形/N+となったら/となれば/となると

 

意味

  • ~と仮定した場合
  • その状況なら
たのすけ
たのすけ
話者の判断や意見を言うときに使います。

 

例文

  • 無人島に一つだけ持って行くとしたら、携帯電話を持って行くつもりだ。
  • もし日本に留学していなかったとしたら、結婚していただろう。
  • 好きな映画を挙げるとすれば、「ハリーポッター」だ。
  • 世界一周旅行をするとすれば、100万円はかかる。
  • 一億円あるとすると、働かなくなるだろう。
  • 田中さんが来ないとなると、誰も運転できる人がいない。
  • 大阪へ行くとなったら、新幹線が早くていいと思う。
  • 結婚となったら、仕事を辞めるつもりだ。
  • 7時に家を出たとなれば、もう学校に着くだろう。
  • 弟がケーキを食べないとなると、1つケーキが余る。

 

注意事項

  1. ~としたら/とすれば/とすると」は、仮定の意味が強い。
  2. 「~となったら/~となれば/~となると」は、実現する可能性があることにつく。それが実現した場合を考えている。
  3. 後件には、話し手の判断がくる。ただし、「~とすると/~となると」の後には話者の希望・意向を表す文、働きかけの文は来ない。
  4. 「~としたら」が一番広範囲に使える。

 

以上、たのすけでした。

日本語教師向けのまとめ記事一覧

日本語教師のまとめ記事はこちら

日本語教師になりたい方向けのまとめ記事
授業のやり方や教え方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事
【完全保存版】日本語授業のやり方や教え方がわかるまとめ記事
働き方で悩んでいる日本語教師の方向けのまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら