N2(文法分析)

【N2文法解説】~ようものなら|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ようものなら」の説明です。

 

用法

接続

V意向形+ものなら

 

意味

  • もし~したら、大変なことになる。
たのすけ
たのすけ
やや誇張した言い方で、「万が一、そんなことになったら大変な事態が生じる」ときに使います。

 

例文

  • 父は厳しいので、夜遅く帰ろうものなら、怒られると思う。
  • 家の鍵をなくそうものなら、大変なことになる。
  • 浮気でもしようものなら、彼女に振られるでしょう。
  • 試験に1分でも遅れようものなら、試験を受けられない。
  • 結婚記念日を忘れようものなら、妻に何を言われるかわからない。
  • 東京から大阪まで自転車で行こうものなら、何時間かかるかわからない。
  • VIPのお客様の名前を間違えようものなら、大変なことになる。
  • 田中さんが会社の社長になろうものなら、その会社の将来が心配だ。
  • 子供を注意しようものなら、親が文句を言ってくるだろう。

 

注意事項

  • くだけた言い方で「もんなら」になる。(例)家の鍵をなくそうもんなら、大変なことになる。

 

類似文型との違い

~ものなら

  • 意味は「もしできるなら、~したい」(例)20年前に戻れるものなら、戻りたい。

【参考】~ものなら

 

たのすけ
たのすけ
では!「~ようものなら」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。