N2(文法分析)

N2文法解説「~というものではない」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~というものではない」の説明です。

 

用法

接続

普通形+というものではない
*なAとNの「だ」は省略可能

 

意味

  • いつも・必ず~とは言えない。(部分否定)
たのすけ
たのすけ
ある主張や考えが、いつも・必ず正しいとは言えないときに使います。消極的に否定する言い方です。

 

例文

  • 努力すれな必ず成功できるというものではない。失敗することもある。
  • 日本に住んでいれば日本語が上手になるというものではない。日本語を使わなかったら、上手にならない。
  • 車は安ければいいというものではない。安全でなければならない。
  • 宿題は出せばいいというものでもないよ。友達のコピーしても意味がない。
  • 高ければおいしいというものではない。安くてもおいしいものはあるし、高くてもまずいものもある。
  • お金があるからといって、幸せというものでもない。お金があっても幸せじゃない人もいる。

 

注意事項

  1. 「~というものでもない」の言い方もある。少し柔らかい言い方。
  2. 事実を言うのではなく、話者の主張や感想を述べる。
  3. 「~ば」「~からといって」などの条件を表す文と一緒に使うことが多い。

 

類似文型との違い

~というものだ

  • 意味は「本当に~だと思う」(例)大変なこともあればいいこともある。それが人生というものだ

【参考】~というものだ

 

たのすけ
たのすけ
では!「~というものではない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。