N2(文法分析)

【N2文法解説】~といっても|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~といっても」の説明です。

 

用法

接続

普通形+といっても

 

意味

  • ~というけれども、実際は。
たのすけ
たのすけ
実際と想像するイメージが違うときに使います。

 

例文

  • 中国語が話せるといっても、挨拶ぐらいだ。
  • 料理ができるといっても、インスタントラーメンしか作れない。
  • 頭が痛いといっても、病院へ行くほどじゃない。
  • あの2人は仲がいいといっても、恋人じゃない。
  • 祖母は元気だといっても、昔に比べて耳が遠くなった。
  • N2だといっても、あまり日本語が話せない。
  • 田中さんと知り合いだといっても、1回会っただけだ。

 

注意事項

  • 後件には、最初にイメージしたことと違う意味の文が来る。実際は、聞き手が思っているほどではないことを表す。

 

類似文型との違い

~とはいえ

  • 意味は「~だが、それでもやはり…だ」(例)知らないとはいえ、失礼しました。

【参考】~とはいえ

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~といっても」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

日本語教師たのすけです。

恥ずかしがり屋で引っ込み思案・周りの目を気にしすぎる私でも、日本語教師の仕事にやりがいを持って働けるようになった授業のやり方を中心に、発信しています。

詳しいプロフィールはこちら

ブログを更新したらTwitterで確認できるので、よかったらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。