N3(文法分析)

N3文法解説「~はもちろん」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~はもちろん」の説明です。

 

用法

接続

N+はもちろん

 

意味

  • ~は当然のこととして。

 

例文

  • 兄は勉強はもちろん、スポーツできる。
  • 英語はもちろん、日本語話せる。
  • あの居酒屋は料理はもちろんお酒安い。
  • ドラえもんは子供はもちろん大人楽しめる。
  • 田中さんは真面目だ。平日はもちろん、休みの日勉強している。
  • 彼ははもちろん、性格いい。
たのすけ
たのすけ
後件の助詞は、「も」を使います。

 

注意事項

  1. 話し言葉は「~はもちろん」で、書き言葉は「~はもとより」(例)英語はもとより、日本語も話せます。
  2. 後件では、前件と同程度の事柄を扱う。(例1)英語はもちろん、日本語も話せる。〇(例2)英語はもちろん、絵も上手だ。✕

 

類似文型との違い

~ばかりではな…も

  • 意味は「~だけでなく…も」(例)田中さんは親切なばかりでなく、頭いい。

【参考】~ばかりではなく…も

 

~はもとより

  • 意味は「~は当然のこととして」(例)教室はもとより、トイレでもたばこを吸ってはいけません。
  • 「~はもちろん」よりも「~はもとより」のほうが硬い言い方。

【参考】~はもとより

 

たのすけ
たのすけ
では!「~はもちろん」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。