N3(文法分析)

N3文法解説「~から…にかけて」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N3文法「~から…にかけて」の説明です。

 

用法

接続

[N1]から[N2]にかけて

 

意味

  • ~から…まで
たのすけ
たのすけ
大体の範囲を表します。

 

例文

  • からにかけて痛い。
  • 地面が濡れている。からにかけて雨が降ったようだ。
  • この道は7時から8時にかけて混んでいる。
  • 日本は6月から7月にかけて雨が多い。
  • 大阪から東京にかけて、大きい地震があった。

 

注意事項

  1. 起点を表す必要がないときは、「~から」は省略可能。(例)私の仕事は年末にかけて忙しい。
  2. 1回だけのことには使わない。

 

類似文型との違い

~から…まで

  • 「~から…まで」は起点と終点がはっきりしている。(例1)夜から朝(〇にかけて △まで)雨が降った。 (例2)22時から6時(✕にかけて 〇まで)雨が降った。

 

~にわたって

  • 「から」と一緒に使わない。
  • 規模が大きく、範囲が全体に及ぶときに使う。(例)10年間にわたって、研究をしている。

【参考】~にわたって

 

~に至るまで

  • 意味は「~まで広く/~までに及んで」(例)「ドラえもん」は子供から大人に至るまで、みんな大好きだ。
  • 「~から…にかけて」は大体の範囲を表すが、「~に至るまで」は初めと終わりがはっきりしている。

【参考】~に至るまで

 

たのすけ
たのすけ
では!「~から…にかけて」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。