N2(文法分析)

【N2文法解説】~に越したことはない|用法・例文

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~に越したことはない」の説明です。

 

用法

接続

普通形+に越したことはない
*なA-だ~である/N-だ~である
現在形しかない

 

意味

  • ~たほうがいい/~たほうが安全だ。
たのすけ
たのすけ
「絶対にそうしなければならないとうほどではないが、常識的に考えてそのほうがいい」ときに使います。

 

例文

  • お金はあるに越したことはないよ。お金があれば、好きな物も変えるし、病院も行けるよ。
  • 熱があるなら、学校は休むに越したことはないよ。
  • 危ない場所には行かないに越したことはない
  • お客様とのトラブルはないに越したことはない
  • 質も大事だけど、安ければ安いに越したことはないよ。
  • 住むなら、会社の近くに越したことはない
  • 旅行の荷物は軽いに越したことはない
  • スマホは安い方がいいけど、性能が便利であるに越したことはない
  • かばんは丈夫であるに越したことはない
  • 誰でも白いに越したことはない

 

注意事項

  • 「~ば~に越したことはない」は慣用的な言い方。

 

類似文型との違い

~ことだ

  • 意味は「~するのが一番いい方法だ」(例)疲れたときは、ゆっくり休むことだ。
  • 「~ことだ」は、話者の個人的な考えや判断の時に使う。
  • 目上の人には使わない。

 

~に限る

  • 意味は「絶対に~がいい」(例)運動した後は、ビールに限る
  • 「~に限る」は自分の考えや経験から主観的に言うときに使う。

【参考】~に限る

 

たのすけ
たのすけ
では!「~に越したことはない」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

日本語教師たのすけです。

以前は日本語学校で専任講師をしていましたが、現在はオンライン日本語教師として働いています。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。