N2(文法分析)

N2文法解説「~にしろ~にしろ」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~にしろ~にしろ」の説明です。

 

用法

接続

普通形+にしろ+普通形+にしろ

たのすけ
たのすけ
「にしろ」は、「にせよ」「にしても」と置き換え可能です。

 

意味

  • ~を例にとっても、ほかの~を例にとっても同じことが言える。
たのすけ
たのすけ
「Aの場合でも、Bの場合でも、X=Yである」と言いたいときに使います。

 

例文

  • N2は文法にしろ読解にしろ、とても難しい。
  • ドン・キホーテは、食べ物にしろにしろ、安く買うことができる。
  • 家族にしても友達にしても、人からお金を借りたくない。
  • 賛成するにせよ反対するにせよ、どちらに手を挙げてください。
  • 仕事を続けるにしろ辞めるにしろ、早く決めたほうがいい。
  • レストランで食事するにしても、タクシーで移動するにしても、日本は英語が通じないことが多い。
  • 背が低いにせよイケメンじゃないにせよ、彼は優しくて面白いので女性から人気がある。

 

注意事項

  1. 「~にしろ」「~にせよ」「~にしても」は置き換え可能だが、「(柔)~にしても>~にしろ>~にせよ(硬)」の順で硬い表現になる。
  2. 肯定形と否定形を組みわせる言い方もある。(例)パーティーに参加するにせよ参加しないにせよ、明日までに連絡をください。

 

類似文型との違い

~といい~といい

  1. 意味は、「~も~も」
  2. 特に目立つことを重ねて強調するときに使う。(例)主人は料理といい掃除といい、家事は何もできない。

 

~であれ~であれ/~であろうと~であろうと

  • 意味は、「~でも~でも関係なく」(例)家族であれ親友であれ、お金は貸さないと決めている。

【参考】~であれ~であれ/~であろうと~であろうと

 

~(よう)が~まいが

  • 意味は、「~でも~でなくても(関係なく)」(例)私の幽霊を見た話しを信じようが信じまいが、幽霊は絶対にいる。

 

~にしろ/~にしても/~にせよ

  1. 意味は、「仮に~としても」
  2. 話者の主張や意見を言いたいときに使う。(例)コンビニのアルバイトを続けるにしろ、深夜はやりたくない。

 

たのすけ
たのすけ
では!「~にしろ~にしろ」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。