N2(文法分析)

N2文法解説「~つつ」(同時進行)

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~つつ」の説明です。

 

用法

接続

Vます形+つつ

 

意味

  • ~ながら。(同時進行)
たのすけ
たのすけ
一つの動作をしながら、同時にもう一つのことをするときに使います。

 

例文

  • 景色を楽しみつつ、ドライブした。
  • 先生と相談しつつ、どこの大学に進学するか決めます。
  • N2の結果を期待しつつ、待っている。
  • 子供の面倒をつつ、資格を取る勉強をしている。
  • お互いの両親と相談つつ、結婚式の日を決める予定だ。
  • 子供は経験を積みつつ、大人になる。
  • 将来の仕事を考えつつ、行きたい大学を選んでください。

 

注意事項

  1. 「AつつB」で、「Aの状態でB」というニュアンスが強い。
  2. 後件がメインのこと。

 

類似文型との違い

~ながら

  • 同時進行の意味。(例)音楽を聴きながら、勉強している。
  • 「~ながら」より「~つつ」のほうが、書き言葉的。
  • 「~ながら」のほうが、動作性が強い。(例)テレビを見(〇ながら ✕つつ)、ご飯を食べている。

 

~つつ(も)(逆説)

  • 意味は「~ているけれども」(例)体に悪いと知りつつも、お酒がやめられない。

【参考】~つつ(も)

 

たのすけ
たのすけ
では!「~つつ」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。