N2(文法分析)

N2文法解説「~ものの/~とはいうものの」

Pocket

たのすけ
たのすけ
N2文法「~ものの/~とはいうものの」の説明です。

 

用法

接続

V・A普通形+ものの *なA~だ→~な/~である
N普通形・なA~だとはいうものの

 

意味

  • ~なのは確かだが、・・・。
たのすけ
たのすけ
~は事実だけど、その事実から予想されることが起こらないときに使います。

 

例文

  • 大学を卒業したものの、就職できない人が多い。
  • レポートの締め切りは今日だ。レポートを今日中に出すとは言ったものの、終わりそうにない。
  • 今日は寒いものの、コートを着なくても大丈夫だ。
  • 値段は安いものの、質はいい。
  • お正月は家族が集まってにぎやかなものの、料理や掃除など忙しい。
  • 4月とはいうものの、まだ暖かくない。
  • 学生とはいうものの、アルバイトばかりしている。

 

注意事項

  1. 事実や確実性が高いことにつく。
  2. 後件には、予想されることと違うことや、問題がある意味の文が来る。働きかけの文は来ない。
  3. 「~とはいうものの」は、一般に考えられることと実際が違う時に使うことが多い。

 

類似文型との違い

~とはいえども

  • 意味は「たとえ/いくら~でも」 (例)田中さんを知っているといえども、1回話しただけだ。

【参考】~といえども

 

~とはいえ…

  • 意味は「~だが、それでもやはり…だ」 (例)駅から近いとはいえ、家賃20万円は高い。

【参考】~とはいえ

 

たのすけ
たのすけ
それでは!「~ものの/~とはいうものの」は以上です。

 

Pocket

日本語教師におすすめの記事
Pocket

ぜひ気になる記事を読んでみてください。

日本語教師のまとめ記事はこちら
>>日本語教師のまとめ記事

Twitterフォローもお願いします♪

元日本語教師たのすけです。6年間専任として働いていました。

日本語教師になりたい人や現役の日本語教師の方に役立つサイトを目指しています。

よっかたらフォローお願いします。

Twitterはこちら

Pocket

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。